12 March 2019
レストランウェディングの費用相場を分かりやすく解説/ズバリ予算はどれくらいかかる?

見た目が綺麗だと印象に残る

レストランウェディングとは披露宴(+挙式)をレストランで行うスタイルの結婚式のことです。

料理の美味しさや、アットホームな雰囲気などが大人気です。

そんなレストランウェディングの費用相場ってどれくらいなの??

今回は気になるレストランウェディングの予算を中心に特徴や評判、先輩花嫁さんの選んだ決め手、費用目安など徹底的に調査してみました。

レストランウェディングって何?という方もレストランウェディングなら費用が安くなるの?とご検討中の方もぜひぜひ参考にしてみてください。

レストランウェディングはこんな人にオススメ

・おいしい料理にこだわりたい

・気軽でアットホームな式がいい

・雰囲気を重視したい

・小中規模の人数で検討している

お得に結婚式場を探そう!最大5万円の商品券をもらえるキャンペーン実施中(2022年)

結婚式場探しは、式場検索サイトを通じて予約をすると色々お得なキャンペーンがあります。現在(2022年)、商品券プレゼントでお得なのがゼクシィとハナユメです。

もらえる商品券の最大額
ゼクシィ 50,000円
ハナユメ 50,000円
+ブライダル保険

2つの金額は同じですが、ハナユメの方がブライダル保険がついてくるため、まずはハナユメで探してみるのがお勧めです。

→ハナユメの公式HPへ

レストランウェディングの費用相場/予算はどれくらいから?

費用目安

結婚式場を決める際によく注目されるのが費用や見積もりの予算です。

費用を決め手に結婚式場を選ぶ人もいますね。

ではレストランウェディングの費用相場はどれくらいなのでしょうか。気になるところを調べてみました。

アンケート調査によるとレストランウェディングでの平均費用相場は70人から80人で260万円です。(楽天ウェディング調べ)

レストランの平均費用

これだけだと分かりにくいので他の種類の式場もみてみましょう。

式場の種類別平均費用目安(参考:楽天ウェディング)

費用比較

レストランウェディングは、ほかの3つの種類の式場に比べてもリーズナブルですね。

先輩花嫁さんのなかには、

費用重視でレストランウェディングを選びました!

という声も見受けられました。

お得に結婚式をしたいのならレストランを検討するのがオススメです

レストランウェディングの特徴/リーズナブルな費用が魅力!

レストランウェディングについて

参照:ZEX TOKYO

レストランウェディングについて知るために、まずは先輩花嫁さんのデータに注目してみましょう。

レストランウェディングを選んだ人はどれくらい?データをチェック

レストランウェディングのデータ結婚式場は大きく分類すると4つに分けられます。

ホテル、専門式場、ゲストハウス、レストランの4つです。

このうちレストランを選んで結婚式を挙げた人はどれくらいいるのかを調べてみました。

挙式した結婚式場の種類(マイナビウェディング調べ)

結婚式をどこで挙げた?

どこで結婚式を挙げましたか?

・レストラン:15.1%

・ホテル:48.3%

・専門式場、神社:25%

・ゲストハウス:11.6%

回答者:283人マイナビウェディング調べ

ほかの式場と比べると、3番目に多いのがレストランウェディングという結果でした。

招待するゲストの人数が多い、会社の上司や目上の人を招待するのでフォーマルな式にしたい、

などの理由でほかの式場を選択する方も多く、レストランの割合が抑えられている印象でした。

レストランウェディングを選んだ決め手は?費用が決め手で選んだ人も!

レストランウェディングを選んだ決め手次はレストランウェディングを選んだ決め手について調べてみました。

こちらは参考となる調査データが見つからなかったので、当サイトで調査を行ってみました。

レストランウェディングを選んだ決め手となったもの(当サイト調べ)

レストランを選んだ決め手

レストランウェディングを選んだ決め手

・料理がおいしい:38.4%

・気軽でアットホームな雰囲気がよかった:26.9%

・少人数制の式だったから:15.3%

・費用がリーズナブル:11.5%

・アレルギー対応をしっかりしてくれる:3.8%

・貸切にできる:3.8パーセント

当サイト調べ

やはりレストランということもあって、料理が美味しいことを理由に挙げる人が一番多いですね。

実際に試食に行って、しっかり味を確かめてから決める人が大多数です。

続いてお次は、あまり気負わず気軽でアットホームな雰囲気を重視する人が多かったです。

レストラン特有のカジュアルでフランクな雰囲気が人気のようですね。

3番目に多く挙げられたのは、少人数制の式だからという理由でした。

最低人数が決められているホテルやゲストハウスなどと違ってレストランは少人数から対応していることが多いです。

人数の条件を気にしないでいられるのはいいですね。

4番目は、費用がリーズナブルというところです。

レストランはほかの種類の式場に比べても費用が割安になっています。

費用が割安な分、披露宴も会費制にしてゲストの負担を少なくしようと考える花嫁花婿さんも多いです。

レストランウェディングのメリットや他にはない魅力

レストランウェディングの特徴

お次はレストランウェディングならでは、といえる特徴や魅力を集めてみました。

レストランウェディングって何?という方もここを読んでみるときっとイメージがつかめると思います。

料理が美味しい

料理が美味しいレストランということでやはり料理を重視している方が多いです。

料理がおいしかったから、ゲストに喜んでもらえる料理だと感じたから、

という理由で、皆さんレストランを選ばれるようです。

レストランウェディングのなかには、有名なところ、古くからある老舗なども多く、ブランドが確立してるところもあります。

そのため、この店の料理なら間違いないと選ばれる方もいます。

レストランウェディングで多く出される料理の種類は?

料理の種類婚礼料理というとフランス料理のイメージですが、レストランウェディングの場合はどうなのでしょうか。

アンケートによるとレストランウェディングで提供された料理ジャンルは以下のようになっていました。

レストランウェディングの料理ジャンル(ぐるなびウェディング調べ)

料理のジャンル

レストランウェディングの料理ジャンル

・フレンチ:37.2パーセント

・和洋折衷:15.1パーセント

・イタリアン:15パーセント

・和食:14.0パーセント

・和洋中折衷:3.5パーセント

・その他:15.3パーセント

参照ぐるなびウェディング

レストランの料理ジャンルの特徴は、ほかの種類の式場と比べてみるとよくわかります。

まず一番割合の高いフレンチですが、これはほかの種類の式場と割合の数値はあまり変わりません。

次に和洋折衷、イタリアン、和食が3種類が同じような割合で分かれています。

一方ほかの式場では和洋折衷の割合が非常に高く他の割合は少なくなっていで、比較するとこの辺りが特徴のようです。

和洋折衷、イタリアン、和食など幅広い料理ジャンルをバランスよく提供できるのがレストランウェディングの特徴だといえそうです。

気軽でアットホームな雰囲気

アットホームな雰囲気レストランウェディングは、ホテルウェディングなどに比べると格式張ったところはなく、

気軽でアットホームな雰囲気があります。

気楽にゆっくりくつろげる式にしたいという場合にお勧めです。

友人集中心の式や少人数の式にもいいですね。

ちなみにレストランウェディングでも老舗のレストランや高級レストランの場合は厳粛な雰囲気があります。

招待する予定のゲストの顔ぶれや雰囲気を見て、レストランも選んでいくとよさそうですね。

費用相場がリーズナブルで安い

費用がリーズナブルレストランウェディングの費用は、ほかの種類の式場と比べてもリーズナブルで安くなっています。

結婚式にはそれほどお金はかけたくない、ほかの種類の式場だと予算が厳しいかも・・・

という場合にはレストランを検討してみるのもお勧めです。

結婚というのは結婚式以外にも新生活の準備にいろいろとお金がかかってくるものです。

結婚式の費用は抑え目にしておいて、ほかのところを豪華にするという選択肢もありですね。

少人数にも対応している

少人数にも対応ホテルやゲストハウスなどの式場は、大抵ゲストの最低人数が決められていますが、

レストランの場合は少人数からでも対応してくれることが多いです。

内輪だけの式や、少人数で行う式の場合には重宝しそうですね。

レストランウェディングの疑問点、注意点、デメリット

参照:響 丸の内

参照:響 丸の内

レストランウェディングは個性的なスタイルなだけに、いろいろと疑問点や注意点があると思います。

ここってどうなの?これには注意した方が良いの?というところをまとめてみました。

レストラン会場を貸切にできるの?

貸切に出来るの?人数が少ない式の場合には、レストラン全体を貸し切るのが難しいこともあります。

この場合は一般のお客さんも普通に利用しています。

貸切なのかどうかはしっかりとお店に確認してみましょう。

ブライズルーム、待合室などの 設備はある?

施設はある?ホテルや専門式場と違って

レストランはゲスト用の設備がそれほど充実していないケースもあります。

会場で着替えることができない場合は、ゲストの方にあらかじめセットアップした状態で会場入りしてもらう必要があります。

またトイレの数が少なかったり、ベビーベッドが備え付けられていなかったりと子連れのゲストには少し厳しいケースもあります。

新郎新婦用の設備に関しても会場によってまちまちです。

ブライズルームがない場合は、空いている個室を利用したり、近隣のホテルと連携してそちらで支度をすることもあります。

これに関してはきちんと対応を用意してる会場がほとんどですが、レストランによってシステムが異なります。

設備はあるのか、ないのなら代わりの手段はどういったものかというところは、レストランにしっかり確認してみましょう。

レストランウェディングの場合は会費制にする人が多いの?

会費制が多いのか披露宴にはご祝儀制と会費制の2つがあります。

ゲストの負担が少なくなるという理由で、

レストランウェディングでは会費制を選択する新郎新婦も多いです。

アンケートによるとレストランウェディングの場合に会費制を選択した人は約21%と5人に1人の割合です。(ゼクシィ結婚トレンド調査2016調べ)

会費制を選んだ人の割合

ちなみにほかの種類の式場の場合は会費制を選択した人の割合は1~3%ほどでした。

この結果を見ても、レストランウェディングの場合は会費制を選択する人が多くなると言えますね。

レストランで挙式はしっかりできるの?

挙式は出来るかレストランは、 挙式はちゃんとできるの?

チャペルなどの挙式会場が併設してるの?

と疑問に思われる人も多いと思います。

一部のレストランでは挙式会場が併設されています。

また挙式会場の設備がない場合は、近隣の教会や神社などと提携をして挙式ができるようになっています。

きちんと対応されている式場がほとんどなので、気になる場合はシステムを確認しておきましょう。

レストランウェディングの費用相場はリーズナブル♪気になるところを見つけたらブライダルフェアに足を運んでみよう

ブライダルフェアへ行こう

今回はレストランウェディングの費用相場や魅力をたっぷりとお伝えしてまいりました。

もし気になるレストランを見つけたら実際に式場に足を運んでみることをおすすめします。

自分の目で見て、ちゃんと試食もして式場を決めていきましょう。

式場見学の予約にはゼクシィなどの結婚情報サイトを通すと、費用がお得になります。

ぜひお得な制度を利用して賢く式場選びをしてくださいね。

お得に結婚式場を探そう!最大5万円の商品券をもらえるキャンペーン実施中(2022年)

結婚式場探しは、式場検索サイトを通じて予約をすると色々お得なキャンペーンがあります。現在(2022年)、商品券プレゼントでお得なのがゼクシィとハナユメです。

もらえる商品券の最大額
ゼクシィ 50,000円
ハナユメ 50,000円
+ブライダル保険

2つのもらえる金額は一緒ですがハナユメの方がブライダル保険がついてくるため、まずはハナユメで探してみるのがお勧めです。

→ハナユメの公式HPへ

1 / 11

フォローする