05 December 2017
東京と横浜の結婚式場どっちがいい?雰囲気の違いを比較

東京と横浜は近いので、どちらの結婚式場で挙げるか悩んでいる人もいるかと思います。

前回は遠方のゲストのアクセスから東京と横浜の式場を比較してみましたが、今回は式場の雰囲気で比較してみます。

東京と横浜は近いようで実は結婚式場の雰囲気がちょっと違うんですよ。

結婚式場探しで最大9万円の商品券がもらえるキャンペーン実施中!!

結婚式場探しは、式場検索サイトを通じて予約をすると数万円分の商品券がもらえてお得です。

現在(2019年1月)、高額な商品券がもらえてお得なのがマイナビウェディングとハナユメです。

全員もらえる相談デスクでもらえる合計(最大)
マイナビ
ウェデイング
(11/30~2/26) 
4万円1万円5万円
ハナユメ
(12/21~2/11)
3万5千円5千円4万円

これだけたくさんの商品券をもらえる機会はあまりないのでチャンスです。

結婚式場を見学するだけでもらえるのでとってもお得ですよ☆

 

→マイナビウェディングのキャンペーン詳細

 

→ハナユメのキャンペーン詳細

東京と横浜の結婚式場、それぞれの雰囲気はどんな感じ?

それでは気になる東京と横浜の式場の雰囲気を見てみましょう。

(※ここで書くのはあくまで大きな視点で見たときの雰囲気なので、個々の結婚式場には当てはまらないことがあります)

横浜は海と歴史の雰囲気

横浜の式場は海と歴史の雰囲気

横浜は港町でに面しているということもあり、オーシャンビューの式場が多いです。

実際、みなとみらいの臨海部の結婚式場は海が見えてとっても景色が良いです。
また横浜には歴史的な建物を結婚式場として再利用しているケースがたくさんあります。

新しい結婚式場でも歴史的な街、横浜をイメージしてデザインされたところも多いです。

赤レンガ、和洋折衷、大正モダン、レトロ、この辺がキーワードとして連想されます。

歴史的な海辺の港町という雰囲気がそのまま式場にも影響を与えていますね。

歴史を感じさせる横浜の結婚式場18選
異国情緒あふれる港町、横浜。横浜には歴史的な式場も多いってご存知ですか?文化財や歴史的建造物に認定された建物で結婚式が挙げられちゃうんです。今回は結婚式を挙げられる横浜の歴史的な建物をすべてまとめてご紹介いたします。クラシックな雰囲気の結婚式も素敵ですよ。

東京は緑やシティービューの雰囲気

東京の式場は緑とシティビューの雰囲気

一方東京の場合はなどの自然に囲まれた式場が多いです。

披露宴会場や挙式会場から豊かな緑の木々や庭園が見られるという式場が結構ありますね。
また高層ビル内の結婚式場の場合はシティービューを売りにしてるところが多いです。

都会の景色を見下ろしながらあげる結婚式は、まさに東京ならではという感じがします。

都会ならではのシティビューや都会のオアシスのような緑の自然の雰囲気が、結婚式場にも好まれるようです。

東京と横浜、近いけれど結婚式場の雰囲気は違ってくるんだね
ブライダルフェアリー
自分が好きな雰囲気から、結婚式場の立地を考えても良いですね

データで見る東京と横浜の式場

データで見る東京と横浜次はデータから東京と横浜を比較してみましょう。

平均費用や結婚式場の数、式場の種類などを調べてみました。

平均費用に差はあるの?

東京と横浜の結婚式の平均費用に差はあるのかデータを見てみましょう。

経済産業省が実施した「特定サービス産業実態調査」をもとに平均費用を算出してみました。

●結婚式の平均費用(特定サービス産業実態調査より計算)

結婚式の平均費用

結婚式の平均費用(特定サービス産業実態調査より計算)

神奈川県:414万4,014円

東京都:339万5,518円

個人的には東京の方が平均費用は高いと予想していましたが、結果は横浜(神奈川県)のほうが高かったです。

ちなみに神奈川県は全国で見ても2位です。

結構費用が高いのですね。

東京と横浜の式場数の違いは?

結婚情報サイトのゼクシィnetで東京と神奈川それぞれの式場の数を検索してみました。

●結婚式場の数

結婚式場の数

結婚式場の数

東京:337件

神奈川県:120件

結婚式場の数は東京が多いですね。

3倍に近い値です。東京は結婚式場の激戦区といえそうです。

東京と横浜の新規開店(ニューオープン)の式場の数は?

新しく結婚式場ができるところは、ブライダル産業が盛ん!ということで2017年に新しく開店する式場の数もチェックしてみました。

●2017年に新規開店する式場数(当サイト調べ)

東京の新規開店の式場

神奈川の新規開店式場

2017年に新規開店する式場数(当サイト調べ)

東京:10件

神奈川:0件

東京でのニューオープンの式場は多いですね。

神奈川県は0件ですが、みなとみらい地区は新しい式場がわりと多いです。

来年にもまた新規開店の式場が出来るのではないかなぁと予想しています。

式場の種類の違いは?

式場の種類結婚式場にもいくつか種類があります。

大きなところだとホテル、ゲストハウス、専門式場、レストランの4つです。

東京と横浜の結婚式場の種類の件数(比率)をそれぞれ調べてみました。

参照サイトはゼクシィnetです。

●東京の式場の種類比率

東京の式場の種類

東京の式場の種類比率

専門式場、ゲストハウス:99件

ホテル:57件

レストラン:65件

挙式会場:3件

その他:3件

●神奈川の式場の種類比率

神奈川の式場の種類

神奈川の式場の種類比率

専門式場、ゲストハウス:43件

ホテル:28件

レストラン:14件

挙式会場:1件

その他:1件

東京と横浜どちらもゲストハウスウェディングが多いですね。

また東京の特徴としてはレストランウェディングが多いということが挙げられます。

東京にはミシュラン三つ星のレストランも多いですし、レベルが高いです。

東京と横浜は近いけれども、結婚式場の雰囲気は違う

東京と横浜は式場の雰囲気が違う

東京と横浜は近いですが、結婚式場の雰囲気は少し違ってきます。

実際にブライダルフェアで見学に行ってみて好みの雰囲気のほうを選ぶと良いでしょう。
ブライダルフェアの予約には、ゼクシィnetなどの結婚式場紹介サイトを利用するとお得ですよ。

商品券やポイントがもらえます。

また雰囲気以外にも遠方ゲストのアクセスで東京と横浜を比較してみた記事もあります。

もしよければ参考にしてみてください。

結婚式場は東京?横浜?迷う場合は遠方ゲストのアクセスから考える
東京と横浜は近いので、どちらで結婚式を挙げるか迷ってる方も多いのではないでしょうか。私の場合もゲストは横浜と東京が半々ぐらいなので、どちらにしようか迷っていました。今回は横浜と東京どちらの式場にしたらよいのか、遠方ゲストのアクセス面から考えてみました。
カテゴリ全てに適用

 
結婚式場探しで最大9万円の商品券がもらえるキャンペーン実施中!!

結婚式場探しは、式場検索サイトを通じて予約をすると数万円分の商品券がもらえてお得です。

現在(2019年1月)、高額な商品券がもらえてお得なのがマイナビウェディングとハナユメです。

全員もらえる相談デスクでもらえる合計(最大)
マイナビ
ウェデイング
(11/30~2/26) 
4万円1万円5万円
ハナユメ
(12/21~2/11)
3万5千円5千円4万円

こんなにたくさんの商品券がもらえる機会はあまりないのでチャンスです。

結婚式場を見学するだけでもらえるのでとってもお得ですよ☆

 

せっかく式場探しをするのであれば、こうしたキャンペーンを利用して賢く商品券を手に入れたいものですね。

結婚式費用の割引キャンペーンも同時に実施されているので併せて使えば、費用をぐっと下げることも出来てしまいます。

 

▼詳細は式場検索サイトのキャンペーンページを要確認です。

 

 

1 / 11

フォローする