05 December 2017
候補の式場を絞り込む方法/結婚式場を決定するにはどうしたらいい?

式場を絞り込む方法

ブライダルフェアに行って気に入った式場をいくつか見つけたら、その後はどうやって絞り込んでいけばよいのでしょうか?

私も式場を選ぶときは最後に2つだけ残って、とても悩みました。

希望の式場がいくつかあるけど絞り込むのが難しい・・・そんなときのために式場を取捨選択していく方法をお伝えします。

【結婚式場探しで最大9万円の商品券がもらえるキャンペーン実施中!!】

結婚式場探しは、式場検索サイトを通じて予約をすると数万円分の商品券がもらえてお得です。現在(2018年11月)、高額な商品券がもらえてお得なのがマイナビウェディングとハナユメです。

全員もらえる相談デスクでもらえる合計(最大)
マイナビ
ウェデイング
(9/26~11/29) 
4万円1万円5万円
ハナユメ
(11/6~12/3)
3万5千円5千円4万円

これだけたくさんの商品券をもらえる機会はあまりないのでチャンスです。

結婚式場を見学するだけでもらえるのでとってもお得ですよ☆

 

→マイナビウェディングのキャンペーン詳細

 

→ハナユメのキャンペーン詳細

まずは2~3ヶ所まで絞り込む

式場を2,3こまで絞り込む結婚式場の候補がたくさんありすぎるという方は、思い切って候補を2つか3つまで絞り込みましょう。

結局選べるのは1つだけなので、少し気になる、という程度の式場はこの際候補から外してしまいます。

常に2択で選択すると絞り込みやすい

これは式場のスタッフさんから教えてもらったのですが、2択で選択していって絞り込むというやり方があります。

常に2択で選択する

例えば3件の式場を見に行くとして、2件目の見学が終わった段階で1件目と比較し気になる方1つだけを保留として残します。

そして3件目の見学が終わったら、保留として残していた式場と3件目の式場を比較して好きな方を選びます。

大勢の選択肢から1つを選ぶのはなかなか大変ですが、常に2択で選んでいけば自然と絞ることができます。

ブライダルフェアリー
このようにして、結婚式場の候補を2つか3つまで絞り込んでしまいましょう。
なんとか絞り込んでみるよ

最終的に結婚式場を決めるにはどうしたらいい?

最終的に挙式する結婚式場を決めるのは結構悩みますよね。

どの式場も素敵ですし、できれば全部の式場で結婚式を挙げたいくらいです。

ちなみに、先輩花嫁さんたちの結婚式場の検討期間を平均すると約2ヶ月になるそうです。

(ゼクシィ結婚トレンド調査2017調べ)

結婚式場の検討期間はどれくらい?

みなさんここは時間をかけて結婚式場を絞り込んでいるようです。

悩ましいところですね。

どの式場も良くてなかなか絞り込みができない、そんな時のために、結婚式場の絞り込みに役立つポイントをご紹介していきましょう。

1.先輩花嫁さんの体験談や口コミを見る

2.式場のデメリットがネックとなっている場合はデメリットが解消されないか考えてみる

3.ゲスト目線で考える

では見ていきましょう。

1、先輩花嫁さんの体験談や口コミを見る

口コミを見る体験談や口コミは、その式場のことを知るのにとても役立ちます。

私も式場を選ぶときは、体験談や口コミを重要視しました。

その式場で実際に挙式した花嫁さんの口コミなどはとても参考になります。

準備段階での結婚式場との打ち合わせや、当日の結婚式の様子などはやはり実際にその式場で挙式しないとわからないですからね。

また結婚式を挙げた当人だけでなく結婚式に招かれたゲストの口コミも重要です。

ゲストの口コミを見ていると、この式場で挙式したらゲストに満足してもらえるかどうかということも見えてきます。

人気の結婚式場の探し方/口コミやランキングを活用するのがポイント
人気の結婚式場にはやはりレベルや質が高いことが多いです。また人気ということは大勢の人が高く評価しているので、外れることが少ないです。 結婚式場選びを絶対に失敗したくない方は人気の式場に注目してみるというというのはいかがでしょうか。具体的なポイントとしては口コミやランキングに注目して探してみます。素敵な結婚式場を見つけたい方必見です。
その式場で挙式した人&結婚式に参列したゲストの口コミをチェック!

体験談や口コミの確認は結婚式場検索サイトがおすすめ

体験談や口コミは、私の場合は結婚情報サイトで探しました。

式場ごとに口コミがまとめて閲覧できますし、実際にかかった費用や満足度も知ることができます。

口コミ投稿数が多いサイトはどれ?ゼクシィ?

口コミ数の多いのはどこ?式場の掲載数が多く、情報が集めやすいのはゼクシィです。

結婚式場ごとの口コミも簡単に見ることができます。

また口コミ検索で私がお世話になったのはみんなのウェディングです。

みんなのウェディングの良いところは、ゼクシィに掲載されていないような式場の口コミも見られるところです。

私の場合は、特に共済系の式場がゼクシィに掲載がなかったため、みんなのウェディングで口コミを確認していました。

2、式場のデメリットがネックとなっている場合はデメリットが解消されないか考えてみる

デメリットがネックとなっている場合

検討している式場のデメリットが気になって、なかなか決めることができない、という場合もあると思います。

例えば、式場は気に入ったけれども費用が高いとか、提携のドレスのブランドが自分の好みではないなど、デメリットがネックとなって決断できない場合です。

こんなときは、まずデメリットが解消できないかどうか考えてみましょう。

高い費用がデメリット、でも相談次第で割引されることもある

高い費用がデメリット

契約前なら割と費用交渉しやすい!

高い費用がネックとなっている場合は、式場のスタッフさんに相談してみましょう。

その式場にもよりますが、運が良ければ割引に応じてくれるはずです。

私の場合も、気に入った式場が少し高かったのでスタッフさんに相談して割引をしてもらいました。

大体の予算額を伝えるとそれに合う形で提案をしてくれることが多いので、まずは相談することをおすすめします。

結婚式場の費用は値切ってもいいの?結婚式の費用の決め方とフリマの意外な共通点
結婚式は値切りって出来ないんじゃないの?と考えてる方は多いかもしれません。費用はきっちり決まっていて値切り交渉には応じてもらえない、そんなイメージありますよね。 今回は結婚式の費用は値切れるのかについてズバリ調べてみました。
値段交渉の注意点/式場の裏ルールや営業さんの気持ちをこっそり教えます
結婚式の費用の節約には、式場との値段交渉も欠かせません。結婚式の費用は高額なので、値段交渉で大きく節約できます。でも値段交渉の際にはいくつか注意点があるんです。いざ値段交渉に挑む前に、この記事を読んで参考にしていってくださいね。

ほかのデメリットもまずは式場スタッフに相談してみよう

デメリットも相談してみるほかのデメリットの場合も基本的には式場スタッフさんに相談してみるのがお勧めです。

例えば提携のドレスショップが気に入らない場合は、「持ち込み」で対応することも可能です。

ネックとなってる事でも、実は結婚式場側が解決策を持っていることもあるので、

悩み込まずにスタッフさんに話してみることが大切なのです。

Aの式場はすごく気に入ってるけれども費用が高い・・・Bの式場はいまいちだけど、費用を考えたらBの式場かなぁ。
ブライダルフェアリー
まずAの式場と費用交渉してみるのがオススメですよ

3、ゲスト目線で考える

ゲスト目線で考えるゲスト目線で考えるというのも1つの方法です。

結婚式をする理由として、「ゲストに感謝の気持ちを伝えたい」を挙げる新郎新婦はとても多いです。

結婚式の成功を考えた時にゲストの満足度というのは重要な要素なのです。

ただ、ブライダルフェアや式場見学では新郎新婦の立場に立って見学してるので、ゲスト目線で見るのは難しいですよね。

ゲストの満足度を上げるポイントをまとめてみました。

ゲストのためのサービスや設備は充実している?

ゲストへのサービス設備はしっかりしているか例えば、室内の温度調節に気をつかってくれる、トイレにアメニティーグッズがある、ドリンクの注文をこまめに聞いてくれる、

など数え上げたらキリがありませんが、こうした細かいサービスがあるとゲストの満足度も高くなります。

ゲストのためのサービスや設備が充実しているか、というところも式場選ぶ上で大事なポイントです。

特に重視すべきとされているのは、結婚式場のアクセスと料理です。

結婚式場のアクセスと料理の2つは目立つ部分なので、抑えておくことが大切です。

もちろんこれだけではなく、細やかなサービスや整った設備があることは大切ですよ。

アクセスと料理が大切

アクセスは良好?

アクセスは良好かアクセスが良い式場を選べば、ゲストも参加しやすいです。

特に女性ゲストは高いヒールを履いているので長時間歩くのは疲れてしまいます。

夏場などは汗をかいて、結婚式場につく頃には着替えが必要になってしまうかもしれません。

また年配のゲストにとっても、アクセスが良いのは嬉しいポイントです。

基本的には駅から5分から10分以内の式場が良いでしょう。

駅から遠い場合でも、巡回バスなどのサービスがあると親切です。

また遠方からくるゲストが多い場合は、新幹線や飛行機の発着駅からのアクセスも考えてあげると良いでしょう。

結婚式場は東京?横浜?迷う場合は遠方ゲストのアクセスから考える
東京と横浜は近いので、どちらで結婚式を挙げるか迷ってる方も多いのではないでしょうか。私の場合もゲストは横浜と東京が半々ぐらいなので、どちらにしようか迷っていました。今回は横浜と東京どちらの式場にしたらよいのか、遠方ゲストのアクセス面から考えてみました。

料理のレベルは?

料理のレベルは?結婚式に参列するゲストは料理を楽しみにしていることが多いものです。

豪華な婚礼料理はそんなに食べる機会もないですし、どんな料理が出てくるんだろうとワクワクしてしまいます。

先輩花嫁さんたちも、他のところは削っても料理には力を入れる人が多いですね。

料理は味だけではなく、適切なタイミングでサーブをしてくれるか、飲み物の注文はこまめに聞いてくれるかなども併せてチェックするのが良いです。

ただし、ブライダルフェアに参加した段階では本格的な試食ができないことが大半ですよね。

そんな時は、料理の品数と素材で判断してみましょう

試食なしで結婚式の料理のレベルを見極める方法/品数と食材に注目!
結婚式での料理。どんな料理がゲストに喜ばれる料理なのでしょうか。実際に試食してみなければわからないと思われるかもしれませんが、試食をしなくても見極める方法があるんです。ブライダルフェアや式場見学の時など、試食はしていないけど料理のことは気になるという場合にぜひ参考にしてみてください。

ゲストの口コミを見るのも良い

ゲストの口コミゲストの満足度が高い式場といっても、数え切れないほどのチェックポイントがあるのでなかなか判断するのは難しいかもしれません。

そんな時は参列したゲストの口コミを見るのがお勧めです。

結婚情報サイトでは式場ごとの口コミがまとめて見られますよ。

口コミに関しては、私はみんなのウェディングをよく見ていました。

共済系の式場の口コミもあるので便利です。

アクセスと料理を要チェック&ゲストの口コミを確認しよう

4、相談カウンターに行く

相談カウンター

何でも相談に乗ってくれます

どうしても絞り切れないという場合は相談カウンターに行くのも1つの手です。

相談カウンターとは、プロのスタッフがいっしょに結婚式場を探してくれるサービスです。

ゼクシィカウンターなどが有名ですね。

もちろん利用料は無料ですよ。

ブライダルフェアリー
後悔しない結婚式場選びの為にプロのスタッフに相談してみましょう

プロの意見を聞いてみるのは有益

相談カウンターを使う相談カウンターのスタッフは結婚式場探しの専門家なので、適切なアドバイスをしつつ一緒に検討してくれます。

またスタッフは多くの式場に見学に行っているので、検討している式場が客観的に見てどうかというところも教えてくれます。

悩んでるうちはもやもやしていたことが、プロのスタッフさんに相談してスッキリ解決したということもよくあります。

スムーズに事が運んでいきますよ。

もっと良い別の式場を紹介してもらえることもある

場合によっては、検討している式場ではなくもっと良い別の式場を紹介してもらえることもあります。

この辺りは、結婚式場を知り尽くしている相談カウンターのスタッフさんならではです。

自分では気づかなかったところに、もっと良い希望にぴったりの式場があるかもしれません。

このように提案をしてくれるというのも相談カウンターの良いところですね。

ネットでは見つけられないお得な割引情報を教えてもらえることも

お得な情報を教えてもらえることも相談カウンターのなかには、独自の割引を持っているところもあります。

また結婚式場にキャンセルが出たので、この日だったら安いですよといった突発的な情報にも強いです。

どちらも相談カウンターに行くと優先的に教えてもらえるので、ぜひ活用してみましょう。

相談カウンターってどんなところがあるの?

相談カウンターにもいくつか種類があります。

提携数が多くお勧めのものを下にまとめてみました。

・ゼクシィカウンター

・マイナビウェディングサロン

・楽天ウェディング相談カウンター

・ハナユメウェディングデスク

これだけ数があると迷ってしまいそうですね。

相談カウンターはどこがいい?お勧めはハナユメ

ハナユメウェディングディスク

ハナユメウェディングディスク

相談カウンターはいくつかありますが、中でもおすすめはハナユメウエディングデスクです。

実はハナユメは2017年度のオリコン日本顧客満足度調査で1位を獲得しています。

利用した人達の満足度が高い相談カウンターです。

●利用者の声(オリコンHPより抜粋)

持病があり結婚式当日の体調に不安があったため、体調を考慮した式場選びをしてもらった
結婚式当日には祝電をいただきました
担当者の方がとても親身になって相談に乗ってくださり、予算を安くする方法や見学時の注意事項などの説明も丁寧だった

ハナユメはサービスが行き届いた使いやすい結婚相談カウンターと言えます。

ちなみに、オリコンの2位は僅差でマイナビウエディング、3位はゼクシィと続きます。

相談カウンターを利用するときの注意点

事前にメールで相談してみる先輩花嫁さんたちの体験談では、相談カウンターに行って希望と違う式場を勧められたなどの声もあります。

ネットと違い相談カウンターはわざわざカウンターに赴く手間をかけているので、無駄足にはしたくないものです。

そうしたことを避けるためにも、行く前に事前にメールやお問い合わせなどで自分たちの希望を伝えておくとよいでしょう。

メールの返信内容を見て、相談カウンターに実際に行くかどうかを決めても遅くはありません。

ブライダルフェアリー
相談カウンターに行く前に、メールで相談してみるのも良いですね

まとめ/一番大切なのはその式場で満足いく結婚式ができるかどうかです

満足いく結婚式を挙げられるかが大切

結婚式場を絞り込む方法をまとめてお伝えしました。

絞り込む方法はいくつかありますが、一番大切なことは絞り込んで最終的にしまった決まった式場で自分たちが満足できる結婚式を挙げることができるかどうかです。

人生の晴れ舞台なのですから、100パーセント満足のいく最高の結婚式にしたいですよね。

妥協するのではなく、自分の気持ちに正直に選んでいきましょう。

カテゴリ全てに適用

 

結婚式場探しで最大9万円の商品券がもらえるキャンペーン実施中!!

結婚式場探しは、式場検索サイトを通じて予約をすると数万円分の商品券がもらえてお得です。

現在(2018年11月)、高額な商品券がもらえてお得なのがマイナビウェディングとハナユメです。

全員もらえる相談デスクでもらえる合計(最大)
マイナビ
ウェデイング
(9/26~11/29) 
4万円1万円5万円
ハナユメ
(11/6~12/3)
3万5千円5千円4万円

こんなにたくさんの商品券がもらえる機会はあまりないのでチャンスです。

結婚式場を見学するだけでもらえるのでとってもお得ですよ☆

 

せっかく式場探しをするのであれば、こうしたキャンペーンを利用して賢く商品券を手に入れたいものですね。

結婚式費用の割引キャンペーンも同時に実施されているので併せて使えば、費用をぐっと下げることも出来てしまいます。

 

▼詳細は式場検索サイトのキャンペーンページを要確認です。

 

 

1 / 11

フォローする