05 December 2017
ナシ婚でも後悔しない?負担の少ない結婚の形を考える

ナシ婚という言葉を最近ではよく聞きますね。

結婚式関連の記事を書いている管理人としては気になる言葉です。

ナシ婚について実際のところはどうなのか、増えてきたのはなぜか等色々と考察してみました。

負担が少ないという所がカギとなりそうです。

【結婚式場探しで最大9万円の商品券がもらえるキャンペーン実施中!!】

結婚式場探しは、式場検索サイトを通じて予約をすると数万円分の商品券がもらえてお得です。現在(2018年11月)、高額な商品券がもらえてお得なのがマイナビウェディングとハナユメです。

全員もらえる相談デスクでもらえる合計(最大)
マイナビ
ウェデイング
(9/26~11/29) 
4万円1万円5万円
ハナユメ
(11/6~12/3)
3万5千円5千円4万円

これだけたくさんの商品券をもらえる機会はあまりないのでチャンスです。

結婚式場を見学するだけでもらえるのでとってもお得ですよ☆

 

→マイナビウェディングのキャンペーン詳細

 

→ハナユメのキャンペーン詳細

ナシ婚とは?

ナシ婚とは

婚姻届だけ出す

ナシ婚とは結婚式を挙げずに、役所に婚約届を提出するだけのことをいいます。

結婚式をしないのでナシ婚というわけですね。

若い人を中心に最近増えてきている結婚のスタイルです。

ナシ婚とは:入籍はするけど結婚式は挙げない

ナシ婚が増えてきたのは何故?

ナシ婚が最近増えてきたのはなぜでしょうか?

個人的には時代の流れや、今の社会状況が関係していると思います。

順に見ていきましょう。

結婚式を挙げなくてもとやかく言われる時代では無い

結婚式をあげるあげないは本人たちの自由ですし、たとえ挙げなくても今はとやかく言われるような時代ではありません。

以前は結婚式を挙げないと世間体が悪いようなところがありましたが、最近では結婚式を挙げない人も増えてきていますしそれほど気になりません。

つまり結婚式を挙げる強制力がなくなってきたということですね。

本当の意味で結婚式を挙げたい人たちだけが挙げる時代になったといえます。

親ではなく本人たちが費用を出すようになった

本人が費用を出すようになった例えば半世紀ほど前だと、親が費用を出して結婚式を挙げるのが主流でした。

親が式場決めから段取りまですべてを取り仕切っていることもあります。

ですので、上の世代の人たちの間では結婚式は家(親)が挙げるものという感覚が強いです。

でも最近ではそうではありませんね。

親からの援助はあれど、費用は自分たちが用意するというカップルが大半です。

ただお金に余裕がある親世代と違い、結婚する若い世代はそれほど資金が準備できないこともあります。

結婚式をしないでその分を他のことに使いたい!そんな節約の気持ちがナシ婚につながっていくと思われます。

生まれた時から不景気だけを経験している私たちの世代は、どうしても財布の紐が固くなりがちです。

節約志向の堅実な考え方がナシ婚の増加に繋がっていると思われます。

結婚式の数百万円の出費は痛いものね(>_<)

ナシ婚が増えてきてる理由を時代を絡めて考察してみました。

実際には他にもいろいろな理由があると思います。

・目立つことは苦手、

・ドレスさえ着られればよいので写真だけ撮りたい、

・おめでた婚

等々。

最近では色々なサービスがありますし、一般的な結婚式の形にとらわれず自分の好きなスタイルを追求するのが良いと思います。

今はそれが許される時代です。

どんな結婚が良いのかお二人でとことん話し合ってみてくださいね。

でも何もしないのは寂しいかなという方へ

何もしないのは寂しいナシ婚がいいなぁと思いつつも、でも何もしないのは寂しいかなと考える人もいると思います。

結婚式をする、しないですぱりと分けてしまうのではなく、ナシ婚でも写真だけは取るとかちょっとしたお食事会を開くなどいろいろと方法はあります。

大人数を招いた披露宴という形ではなく、負担の少ない、でも思い出に残るような結婚の形をまとめてみました。

最近の結婚サービスは多様化しているんですよ。

ブライダルフェアリー
大規模な披露宴以外にも、色々な結婚の形があります
費用や準備の負担が少ないものがいいかな

少人数婚

参照:小さな結婚式

参照:小さな結婚式

少人数婚は最近人気がありますね。

費用の負担も少ないですし、人数が少ないので目立つのが苦手という方も安心できます。

少人数婚で有名な「小さな結婚式」のホームページを見てみると、67000円~の費用で挙式ができます。

一般的な結婚式と比べて負担も少なくあげられそうですね。

また、式の準備もほとんどスタッフがやってくれるので、すぐに挙式することもできます。

費用や準備の負担が少なく結婚式を挙げることができるという、まさに良いとこどりのサービスです。

フォトウェディング(写真だけ撮る)

フォトウェディング

思い出に残る写真を撮る

ドレスや着物で写真だけ撮るフォトウェディング。

私の姉の場合もフォトウェディングでした。

ドレスを着て、スタジオで記念撮影をしたようです。

私は当時学生で新幹線の距離にいたのでいけなかったのですが、スタジオには両方の親や親戚が数人来ました。これもちょっとした結婚式みたいな感じですね。

ドレスに着替えてしっかり結婚の雰囲気を味わうことができるので、思い出に残ったようです。

挙式だけする

挙式だけする一般的な結婚式は挙式と披露宴の二部構成となっていますが、挙式だけ行うという方法もあります。

大抵費用のかかるのは披露宴の方なので、挙式だけなら費用の節約にもなります。

私の友人でも教会で挙式だけ行った人もいます。

純粋な結婚式という感じがするので、私はこのスタイルも好きです。

海外ウェディング

海外ウェディング

海外ウェディングは今後熱いと思う

海外の教会などで挙式を行います。

2人だけ、または2人プラス両家の親族という少人数で行うことが多いです。

海外ウェディングはゼクシィがかなり力を入れていますね。

海外ウェディング専用の雑誌も発売していますし、定期的に海外ウェディング専用のブライダルフェスタを開催しています。

最近では、VRで海外の式場が見学できる技術が実証実験されました。

海外に行かずに見学できるのはいいですね。

VR結婚式が凄い!VRを利用した結婚式サービスを全部まとめてみた!
VR(バーチャルリアリティー)と結婚式。この2つの組み合わせによる新しい結婚式のサービスが今増えているんです。現在サービスを提供している企業は限られていますが、今後拡大していくと個人的には予想しています。VRを利用した結婚式サービス、どのようなものがあるのかまとめてみました。

海外ウェディングは今後熱い分野だと私は思います。

お食事会

お食事会結婚の紹介とお披露目も兼ねて、小規模なお食事会だけ開くというケースもあります。

1人2万円から3万円ぐらいあれば、かなりレベルの高いお食事ができますよ。

東京で開催するなら、ミシュランの星付きレストランが良いかもしれませんね。

ミシュランの星付きレストランの結婚式場一覧|美味しい料理にゲストも大満足!
ミシュランの星と言えばレストランのレベルを表す信頼できる指標ですね。今回はミシュランの星を獲得した結婚式場(レストラン)の一覧をご紹介します。レストランウェディングの売りは何と言っても料理!料理が美味しいと、ゲストも大満足の結婚式になりますよ。

横浜で開催するなら、個人的なオススメはみなとみらいにあるクイーンアリスです。

かわいらしい雰囲気が好きな方ならきっと気に入ると思います。

クイーンアリス(レストランウェディング)にランチに行ってきた話
クイーンアリスはベイホテル東急に入っているレストランで、レストランウエディングもできます。先日ランチに行ってきたのでその様子をご紹介しますね。クイーンアリスでのレストランウェディングは、なかなかレベルが高そうですよ。レストランウェディングご検討の方は、下見がてらランチに行くのがおすすめです。

ナシ婚も選択肢としてアリだと思う

ナシ婚もあり

私自身は結婚式を挙げましたが、ナシ婚も選択肢としてありだと思っています。

いろいろな結婚の形がありますし、それに合わせてどんどん新しいサービスが生まれています。

もしあとからやっぱり結婚式をあげればよかったなと思うのであれば、その時あげればよいことです。

私の親戚も結婚した5年後ぐらいに結婚式を挙げていました。

大事なのは自分が納得できる結婚の形を見つけることだと思います。

そのためにはとことんお二人で話し合ってみてくださいね。

カテゴリ全てに適用

 

結婚式場探しで最大9万円の商品券がもらえるキャンペーン実施中!!

結婚式場探しは、式場検索サイトを通じて予約をすると数万円分の商品券がもらえてお得です。

現在(2018年11月)、高額な商品券がもらえてお得なのがマイナビウェディングとハナユメです。

全員もらえる相談デスクでもらえる合計(最大)
マイナビ
ウェデイング
(9/26~11/29) 
4万円1万円5万円
ハナユメ
(11/6~12/3)
3万5千円5千円4万円

こんなにたくさんの商品券がもらえる機会はあまりないのでチャンスです。

結婚式場を見学するだけでもらえるのでとってもお得ですよ☆

 

せっかく式場探しをするのであれば、こうしたキャンペーンを利用して賢く商品券を手に入れたいものですね。

結婚式費用の割引キャンペーンも同時に実施されているので併せて使えば、費用をぐっと下げることも出来てしまいます。

 

▼詳細は式場検索サイトのキャンペーンページを要確認です。

 

 

1 / 11

フォローする