13 June 2019
結納の意味って何?結納金の相場や結納品の意味も分かりやすく解説します!

結納の意味

日本の伝統的な婚約スタイルである結納。

その結納の意味はどんなものなのでしょうか?

知ってるようで知らない結納の意味を徹底的に調べてまとめてみました。

結納金と結納品の意味も併せてチェックしてみましょう。

結納には単なる実用的な意味だけではなく縁起の良い願いも込められているんですよ。

お得に結婚式場を探そう!4万円の商品券をもらえるキャンペーン実施中(2019年8月)

結婚式場探しは、式場検索サイトを通じて予約をすると色々お得なキャンペーンがあります。
現在(2019年8月)、商品券プレゼントと結婚式費用の割引で総合的にお得なのがハナユメとゼクシィです。

商品券ギフト結婚式費用の割引提携式場数
ハナユメ
(8/9~10/31) 
4万円ハナユメ割約530件
両方もらえる!
ゼクシィ
(7/23~8/23)
4万円花嫁割約1780件
どちらか一方!

ハナユメは提携式場数は少ないですが、商品券プレゼントと結婚式費用の割引が両方使えるので一番お得です。

まずはハナユメで気に入った式場がないかチェックしてみるのがオススメですよ。

→ハナユメの公式HPでキャンペーン情報をチェック

→ゼクシィの公式HPでキャンペーン情報をチェック

結納の意味って何?なぜ行うの?

結納の意味は?

結納の意味にはいくつかあります。

ブライダルフェアリー
どんな意味があるのか、順番に見ていきましょう。

  1. 婚約を確かなものにする
  2. 両家の顔合わせ
  3. 両家の納得感を得る
  4. 結納金、結納品などの受け渡しの場
  5. 地域、その家の伝統儀礼

婚約を確かなものにする

婚約を確かなものにする

結納には2人の婚約を確かなものにするという意味があります。

婚約は口約束でも成り立ちますが、結納の儀式を行うことでより婚約が確かなものになります。

結婚するという意識も生まれますね。

両家の顔合わせ

結納には両家の顔合わせという意味合いもあります。

特に結納しか行わない場合は、両家が結納で初めて顔を合わせるということもあるでしょう。

また、結納の際に交わす家族書親族書には、家族の結婚の了承という意味合いの他に家族の紹介という意味も大きいです。

結納は両家の家族や親戚を知り、親交を深める場ともいえます。

両家の納得感を得る

両家の納得感を得る

婚約を行わない場合は費用の負担で両家が揉める場合があります。

結納金がない分新郎が結婚式費用を負担するべきだとか、新居の費用負担はどちらがするのか等々、自由だからこそもめてしまう面もあります。

結納では、どちらが何を負担するのかきっちり決まっているため、お互いの納得感も得られやすいです。

伝統的な儀礼なので古臭く感じるかもしれませんが、伝統的だからこそお互いの納得感も得られやすいという一面もあります。

結納金、結納品などの受け渡しの場

結納の大きな意味として結納金や結納品の受け渡しの場というのが挙げられます。

最近では仲人が仲介する正式結納ではなく略式結納が主流ですので、両家の家族が集まって結納品や結納金の受け渡しを行います。

地域、その家の伝統儀礼

地域や家の伝統儀礼

地域や家の伝統儀礼としての意味合いもありますね。

最近では結納を行う人は少ないのですが、地方ではまだまだ結納を行うことが当然のところもあります。

このように結納にはいくつかの意味があります。

結納の意味を知って結納を行うのかどうか検討してみてください。

結納っていろいろな意味があるんだね

結納金の使い道や意味を知ろう

参照:結納屋さん.com

参照:結納屋さん.com

結納には欠かせない結納金にはどのような意味があるのでしょうか。

結納金の意味は女性が嫁入りの準備をするためのお金です。

いわゆる結婚の支度金という意味合いですね。

また結納金はもともとは女性の家に贈られるので、女性の両親のものということになります。

ですが最近ではそういった意味合いも薄れて本人達が使い道を決めるケースが多いです。

使い道としては結婚式の費用や新居の家具、結納返しの費用に使うなどいろいろあります。

結納金の使い道

  • 結婚式の費用に充てる
  • 新居の費用や家具など
  • 結納返しに使う
  • 貯金する

結納金は女性の結婚仕度金という意味がある

結納品の使い道や意味を知ろう

参照:結納屋さん.com

参照:結納屋さん.com

結納品にはどんな意味があるのでしょうか?

結納品にはそれぞれ縁起の良い意味があります。

関東の結納品を例に挙げてそれぞれ意味を見てみましょう。

  • 長熨斗(ながのし):長寿を願う意味があります。縁起の良い贈り物の象徴でもあります。
  • 末広(すえひろ):純粋無垢と末広がりで一族の繁栄を象徴します
  • 友志良賀(ともしらが):2人が共に白髪になるまで睦まじくとの願いが込められています
  • 子生婦(こんぶ):子宝に恵まれるようにとの願いとよろこぶにも通じます
  • 寿留女(するめ):幾久しい縁を願って贈られます
  • 勝男武士(かつおぶし):男性の力強さを意味しています
  • 家内喜多樽(やなぎだる):家庭円満を意味しています。

結納品にもそれぞれ縁起の良い意味が込められているんだね

結納や結納金、結納品の相場はどれくらい?金額をチェック!

結納の平均費用

実際の結納を行うと費用はどれくらいかかるのでしょうか。

結納の費用は大きく食事・会場費用と結納金、結納品に分けられます。

先輩花嫁さんの結納にかかった費用の平均を見てみましょう。

参照:ゼクシィ結婚トレンド調査2017

結納の費用平均

結納、結納金、結納品の費用平均

  • 結納の会場費や食事代の平均:27.5万円
  • 結納金の平均:85.6万円
  • 結納品の平均:12.4万円

合わせると125.5万円になります。

わりと高額ですね。

結納は最近主流の顔合わせお食事会と比較しても費用が高額です。

出費が多くなるという点も考慮しておきましょう。

結納は本当に意味があるの?必要がないのでは?

結納は意味がないのでは?

1世代前までは結納は主流の婚約スタイルでしたが、現代ではだんだんと行う人が少なくなっています。

特に結納を行う意味を感じないという人も増えているようです。

最近では家と家の結びつきというより、本人同士の意思が重要視される傾向にありますし、結納がだんだん減少していくのも時代の流れなのかもしれません。

結納をしない人は8割以上!?結納をしない場合の流れや結納金についてまとめ!
最近では結納をしない人も増えてきています。結納は日本の伝統的な婚約の形ではありますが、現在では顔合わせお食事会のほうが人気がありますね。結納をしない場合の流れはどのような感じなのか、また結納をしないことで親や相手のご家族の印象が悪くなるのかなど気になることをまとめてみました。

結納の代わりに顔合わせお食事会をする人が増えている

結納の代わりに現在主流なのが両家の顔合わせお食事会です。

両家の顔合わせを兼ねて、家族が集まって一緒に食事をするというスタイルです。

結納のように決まった流れはありませんが、お食事会の中で結納金を渡したり結納品を交換するケースもあります。

堅苦しくなくリラックスできるので、先輩花嫁さんからも選ばれやすく人気がありますね。

顔合わせお食事会が人気!当日の流れや結納との違いも徹底比較!
婚約の形として主流になりつつある両家の顔合わせお食事会。準備や当日の流れ、メリットや注意点をチェックしてみましょう。また伝統的な結納とはどう違うのか、わかりやすく比較してみました。婚約スタイルをご検討中の方、是非参考にしてみてください。

結納の意味を知るのは大事/行うかどうかは婚約者やその家族と相談して決めよう

結納をするかしないか話し合おう

結納の意味についてまとめてみました。

結納や結納金、結納品にはいろいろな意味がありますね。

婚約のスタイルにおいて何を大事にするかはカップルの数だけ答えがあると思います。

結納の意味を知り、結納をするかしないかについても、お相手や家族と相談して決めていきましょう。

カテゴリ全てに適用

 

お得に結婚式場を探そう!合わせて最大10万円の商品券がもらえるキャンペーン実施中(2019年8月)

結婚式場探しは、式場検索サイトを通じて予約をすると数万円分の商品券がもらえてお得です。

現在(2019年8月)、高額な商品券がもらえてお得なのがマイナビウェディングとハナユメです。

全員もらえる相談デスクでもらえる合計(最大)
マイナビ
ウェデイング
(6/25~9/26) 
6万円6万円
ハナユメ
(8/9~10/31)
3万5千円5千円4万円

こんなにたくさんの商品券がもらえる機会はあまりないのでチャンスです。

結婚式場を見学するだけでもらえるのでとってもお得ですよ☆

 

せっかく式場探しをするのであれば、こうしたキャンペーンを利用して賢く商品券を手に入れたいものですね。

結婚式費用の割引キャンペーンも同時に実施されているので併せて使えば、費用をぐっと下げることも出来てしまいます。

 

▼詳細は式場検索サイトのキャンペーンページを要確認です。

 

 

1 / 11

フォローする