25 June 2020
結婚式の費用のどこを節約する?/準備段階でイメージを具体的に持つことが大事!

結婚式の具体的イメージが大事

結婚式の費用を節約したいのなら、結婚準備のはじめの段階で、どこを節約したいのか?イメージを具体化させることが大切です。

実際に私も準備段階で100万円程節約できました。

具体的なイメージを持つことがなぜ大切なのか、どうしてそれで節約ができるのかというところを今回まとめてみました。

結婚式費用を節約したいのなら是非参考にしてみてくださいね。

ブライダルフェアリー
結婚式費用は、準備段階でかなり節約できます!!

お得に結婚式場を探そう!最大5万円の商品券をもらえるキャンペーン実施中(2022年)

結婚式場探しは、式場検索サイトを通じて予約をすると色々お得なキャンペーンがあります。現在(2022年)、商品券プレゼントでお得なのがゼクシィとハナユメです。

もらえる商品券の最大額
ゼクシィ 50,000円
ハナユメ 50,000円
+ブライダル保険

2つの金額は同じですが、ハナユメの方がブライダル保険がついてくるため、まずはハナユメで探してみるのがお勧めです。

→ハナユメの公式HPへ

結婚式の費用のどこを節約するか、始めに結婚式の具体的なイメージを持つことが大事!

結婚式の具体的イメージを持つ

結婚式の費用は高額ですし、できれば節約したいですよね。

結婚式の費用を節約するために、はじめにできることは結婚式のイメージを具体的に持つことです。

どうして?と思うかもしれませんが、実はこれがかなり重要なポイントなんです。

私の体験談も踏まえて、ご説明していきます。

私の体験談/結婚式の具体的なイメージを掴まないと全体にかかる費用がわからない

具体的イメージがつかめたのは打ち合わせ中盤私の結婚式準備を振り返ってみると、結婚式に対して具体的なイメージが掴めたのは打ち合わせの中盤あたりでした。

結婚式場も決まり、担当のプランナーさんも決定して打ち合わせが始まった頃です。

結婚式場を決めてから、数ヶ月経過した後ぐらいでした。

その頃になってようやく、結婚式の具体的なイメージを持ち始めていたのです。

具体的になるにつれ次々に出てくる費用の追加/見積もりがどんどん上がる…

後から足りない項目が出てくる結婚式の具体的なイメージを持つにつれ、あれが足りない、これが足りないということがでてきました。

例えば、ドレスを着るのであれば衣装の費用だけでなく、ドレス用の下着やアクセサリー、ティアラなどの費用もかかってきます。

料理や引き出物も初めに提示された見積もりの内容だと若干寂しくグレードアップが必要でした。
先輩花嫁さんたちの声を聞いているうちに、結婚式の様子を写真だけでなく映像としても残したいと考え、DVDも追加しました。

このようにあとから足りないとなって追加するものがたくさんありました。

結婚式のイメージが具体化されてくると、追加の費用がどんどん出てくる

最初に結婚式を具体的にイメージできればどこを節約すべきか分かったのに…

はじめにイマージを掴んでいたら費用交渉が出来たのにはじめに結婚式にはこれが必要、これは不必要ということがわかっていたら、もっと式場と費用や持ち込み交渉ができたかもしれません。

結婚式準備に着手してから、改めて式場の見積もりを見直すと、ここはこの内容では足りないな、ということはすぐに分かります。

はじめに自分のあげたい結婚式の具体的なイメージがあれば、見積もりを見て自分の理想の結婚式ができるかどうかわかったはずなのです。

でも式場に初めに提示された段階では、結婚式のことは何も知らず、見積もりの見方もよく分からなかったのですよね。

当時は結婚式に漠然なイメージを持っているだけでした。

情報の差は結婚式費用の差に繋がる/その差は何十万!

情報の差は費用の差結婚式準備で痛感したのは、情報の差が費用の差となって現れてくるというところです。

私は結婚式でいろいろなものを持ち込みましたが、ドレスは持ち込みませんでした。

ドレスの持ち込みということをあまり知らず、早い段階でドレスを決めてしまったからです。

それに私の結婚式場では衣装の持ち込みは出来ないだろうなとなんとなく思っていました。

しかしどうやら私の式場でも持ち込みをしている人がいたみたいです。

その持込をした人と私との違いは情報の差だなと思いました。

はじめにドレスを持ち込みすれば節約できるということを知っていれば、見積もりをもらった段階で交渉したはずです。

数十万の費用が節約できたことでしょう。

まさしく、知っているか知らないかでこんなに費用の差がでてくるんだなと思いました。

多くの情報を知っているとそれだけ費用の節約ができる

結婚式の具体的なイメージがあるとどこを節約すべきか分かる/結婚式費用の大幅な節約に繋がる!

結婚式の具体的イメージ結婚式の情報を知らないばかりに、費用の節約ができない・・・こんなことにならないためには結婚式の具体的なイメージを持つことが大切です。

具体的なイメージがあれば、自然と必要になるものもわかってきます。

そうすれば見積もりを見て足りないところもわかり、費用や持込の交渉に繋がります。

具体的なイメージを持つのはなるべく結婚式準備を始めた早い段階です。

早い段階で具体的なイメージを持てばそれだけ節約ができますよ。

結婚式の値段交渉ができるのは最初だけ

交渉が出来るのは最初だけなぜ早い段階が大切なのかと言うと、式場と値段の交渉ができるのは最初の時だけだからです。

一旦契約すると後から持ち込みすることも出来ず、式場の言い値で項目を追加していくより他なくなります。

ですので、少なくとも気に入った式場と本契約を交わす前までには、結婚式の具体的なイメージを自分の中でしっかりと持っておく必要があります。

本契約前に交渉する

結婚式の値段交渉をするなら本契約前!これを知っているのと知らないのとでは、結婚式の費用総額が大きく異なってきます。 どうせなら式場と値段交渉して、お得に結婚式を挙げちゃいましょう。ブライダルフェアに行く前の方、費用を節約したい方は今回の内容は必見です。

では具体的なイメージとはどうやってつかめばよいのでしょうか。

なんだか難しそうだなと思いますが、いくつか方法があります。

費用を節約するために!準備段階で具体的な結婚式のイメージをつかむにはどうすればいい?

結婚式の費用を節約するためには具体的なイメージを持つことが大切です。

イメージを具体的につかむために、方法を2つご紹介します。

1、周りの人(既婚者)の体験談を聞く

周りの人の体験談を聞く周りにすでに結婚式を挙げた人がいれば、その人の体験談を聞いてみましょう。

同時に写真なども見せてもらうとイメージが湧きやすいです。

どのように結婚式費用を節約したかなど費用の面も質問してみると良いでしょう。

2、先輩花嫁さんのブログや結婚情報サイトなどを見る

ネットで情報を集める今は情報をインターネットで簡単に検索することができます。

自分より先に結婚式を挙げる先輩花嫁さんの準備ブログなどは参考になるでしょう。

また結婚式準備の初めに知っておく情報をわかりやすくまとめたサイトなどもあります。

(このサイトもそういうサイトを目指しています)

まずはインターネットで情報を探してみるのもお勧めです。

結婚式準備は情報が多すぎて混乱するという花嫁さんも多い

情報が多くて分からないしかし、情報社会の弊害で挙げられるのが情報が多すぎて混乱するということです。

実際に結婚式準備のために情報を集めたけれども、情報がいろいろと多すぎて何が何だか分からないという花嫁さんも多いです。

情報が多すぎて何が何だか分からない…

こうしたことにならないためにも、一番オススメの方法をお伝えいたします。

イメージをつかむ一番良い方法は、ブライダルフェアに行き見積もりをもらうこと/費用をじっくりチェック!

見積もりをもらってみる私の考える具体的なイメージをつかむ一番良い方法は、ブライダルフェアに参加してそこの結婚式場の見積もりをもらうことです。

参加するブライダルフェアはどこの式場のものでも構いません。

ただし一番気に入っている式場は避けましょう。

(当日割引が使えなくなるので)

気になる式場には、結婚式の具体的イメージがつかめたら行くのがお勧めです。

もらった見積もりを見て、1つずつの項目の費用について考えてみる

ブライダルフェアに参加して見積もりをもらったら、その見積もりをじっくりと見ます。

そしてその場で、式場のスタッフさんに質問しましょう。

会場装花は安い気がするけれども、内容はどんな感じ?

写真や映像は費用が高いけれども内容が豪華なの?

・・・などなど

受け身の状態ではなく自分から能動的に質問することで、結婚式のイメージが頭の中で像を結んで来ます。

大切なのは当事者意識です。

式場のスタッフさんにはこの際とことん協力してもらいましょう。

当事者意識を持って費用について質問しまくる

可能なら周囲の先輩花嫁さんに見積もりを見せ、費用が妥当か相談する

先輩花嫁さんに見積もりを見せるもし可能なら、式場から見積もりをもらって帰り、それをすでに結婚式を挙げた人に見せると良いです。

かなり本音の意見を聞くことができます。

やはり結婚式を挙げた人は見積もりについて熟知していますからね。

結婚式準備で節約をしようといろいろ鍛えられています。

そんなプロ(?)の方たちの意見を聞いてみましょう。

結婚式のイメージがもっと鮮明になってきますよ。

結婚式の具体的イメージを持つには、まず見積もりを1枚もらう

結婚式の見積もり、費用相談ならハナユメがオススメ!

ハナユメのウェディングデスク銀座店へ行った

うーん、周りに結婚式の見積もりを相談できる人いないしなぁ…

そんな方にオススメなのがハナユメのウェディングデスクです。

無料で利用できますし、アフターサービスとしてラインやメールで費用について相談することが出来ます。

結婚式場見学に行って見積もりをもらったらすぐハナユメのコンシェルジュにメールして相談する花嫁さん多いみたいですよ。

相談すると結婚式費用が最大半額になるハナユメ割も使えますし、お土産でもらえる見積もりチェックガイドもとても役に立つので一度行ってみる価値ありです。

私が行った時の様子もまとめてありますので良ければ参考にしてみて下さい。

結婚式を挙げることが決まったけれども何から始めていいかわからない!そんなプレ花嫁さんにお勧めしたいのがハナユメの相談デスクです。式場探しから、結婚式の費用、結婚式準備のいろいろなことをプロのスタッフさんに相談できますよ。実際にハナユメの相談デスク銀座店に行ってきましたので、どんな感じだったかご紹介したいと思います。

費用節約のために、まずは1件ブライダルフェアへ行こう!フェアの予約は結婚情報サイトがお得です

結婚情報サイト経由がお勧め

ブライダルフェアに予約する場合は結婚情報サイト経由で行ったほうがお得です。

この辺も情報も知ってるのと知らないので差がでてくるところですね。

予約をすることで商品券やポイントがもらえるキャンペーンがあります。

こういう細かい部分の節約もしっかりしていきましょう。

お得に結婚式場を探そう!最大5万円の商品券をもらえるキャンペーン実施中(2022年)

結婚式場探しは、式場検索サイトを通じて予約をすると色々お得なキャンペーンがあります。現在(2022年)、商品券プレゼントでお得なのがゼクシィとハナユメです。

もらえる商品券の最大額
ゼクシィ 50,000円
ハナユメ 50,000円
+ブライダル保険

2つのもらえる金額は一緒ですがハナユメの方がブライダル保険がついてくるため、まずはハナユメで探してみるのがお勧めです。

→ハナユメの公式HPへ

1 / 11

フォローする